ブログ – place holder

部下育成がうまくいかない理由と根本の考え方

こんにちは。エグゼクティブ・コーチの松脇美千江です。

部下育成がうまくいかないへ、同じような悩みを抱えていたYさんの事例を通して、何を変えれば部下が育つようになるのかについてご紹介します。

部下が失敗した時、間違った時、あなたはどうしていますか?

「私はちょっと状況が揺れたくらいで、すぐ注意してしまうんです。圧倒的に口が出る。自分でやった方が速い。でも、これでは部下は育たないですよね・・・。」

と悩んでいたYさん。

Yさんは、部下育成をテーマにコーチングを受けることにしました。(以下はYさんの許可を得て、掲載しています)

Yさんは、試行錯誤を繰り返したある日、こんな一言が言えるようになりました。

「私が質問して部下が話す、質問して部下が話すを繰り返すと、部下が考えたり、発想を広げていくのがわかるようになりました。 部下育てってこういうことかな」

Yさんの話す声には、嬉しさと安堵感が載っていました。

根気あるコミュニケーション

Yさんの変化を支えたのは、「あり方」を変えたいという想いでした。

部下を注意して速攻で問題を解決をする上司から、問題解決と部下育成を同時に行なっていく上司のあり方へ。

あるべき姿を意識したYさんは、

・部下をより観察する ・声がけを増やす など行動を変えていきましたが、

一番の変化は ・指示命令で終わっていたコミュニケーションを、根気あるコミュニケーションへ変えていったことでした。

根気よくコミュニケーションをとるのは骨が折れ、時間もかかります。

しかし、方向性や目的、長期的効果から考えると、「遅いは速い」のです。

「人との関係を効率で考えることはできない。モノは効率で考えられるが、人に対しては効果の観点から考えなければならない」ー 『7つの習慣』

他者との関係、部下育成においては「効率よりも効果」で考える

このパラダイム(ものの見方・考え方)は、今まで慣れ親しんできた「全てを効率、生産性の視点で考える」パラダイムとは大きく異なります。

新しいパラダイムへの変換はそう簡単ではありません。

Yさんは、諦めずにパラダイムを変えていきたいと、コーチングのセッションの度に、どうすれば部下が育つのかについて話されていました。

「部下育てってこういうことかな」

失敗しながらも行動してきた人からこそ言えた言葉には、重みを感じます。

部下育成について、効率と効果、どちらに軸足を置いているか、自分の根本のパラダイムから考えてみませんか。

*エグゼクティブ・コーチング 無料相談  お問い合わわせはこちらから

*7つの習慣が実践できるようになる 7つの習慣(R)実践会 お問い合わわせはこちらから

コーチングで部下育成の課題を解決したAさんの事例

こんにちは。
エグゼクティブコーチの松脇美千江です。

今日は部下育成について悩んでいたAさんの事例をAさんの許可をいただいてご紹介します。

「中核になって周りを巻き込んでいって欲しいのに人の意見を聞きすぎて周りをヤキモキさせる部下。いい歳なんだから、自分で考えてよ」

とAさんは部下について悩んでいました。

Aさんはその後、あることに気づき、自分の部下への言動を変えることで、この部下の変化に周りが気付くほど部下の成長を促しました。

Aさんは何に気づき、どう部下へのアプローチを変えたのでしょうか?

Aさんの気づき

Aさんが気づいたのは次の3点です。

1. 人により仕事を与えたときの受け止め方が違う

(目指す成果が理解できれば走り出せる人もいれば、明確で詳細な情報がないと安心して行動できない人がいる)

2. 人によりモチベーションのスイッチが違う

3. 自分の特性、相手の特性を理解して、自分のアプローチを変える

Aさんが上記の気づきを得たのには、世界で毎年100万人の人々が活用している信頼性の高いDiSC®マネジメントというツールがありました。

ーーーー
<事例> 部下育成の課題をDiSC®マネジメントで発見
                    50代  支店長

「私は以前、ある部下について悩んでいました。
その時、コーチからの勧めもあり、DiSC®マネジメントを受けてみました。

アセスメントの結果、私は成果に向かって突き進む推進力はあるものの、明確で詳細な説明を必要とするスタイルの部下へフォローが足りていないかもしれないと気づきました。

その後、部下と1対1の話を重ね、仕事への懸念にも耳を傾けながら進めるようにしたところ、

人の意見を聞きすぎていた部下が、自分の意見をポジティブな言葉で伝えられるようになり、その変化は周囲が認めるほどになりました」

ーーーー

Aさんの悩みは、DiSC®マネジメントを活用したコーチングにより、

なぜうまくいかないのか?と漠然と全体的に悩んでいた状態から、

自分と相手の特性、強み、動機などを具体的に考え、戦略を持った部下育成へ、成功体験へと変化していきました。

部下の方もご自身の成長を喜んでおられる様子です。

DiSC®は関係性をより良くすることで生産性を上げるためのツールです。

これまでどうしても理解できなかった人を理解する助けとなり、部下をより効果的に育成する手掛かりになります。

*DiSC®マネジメントを活用したコーチングにご興味がある方はこちらからお問い合わせください。

*エグゼクティブ・コーチング 無料相談  お問い合わわせはこちらから

相互依存のパラダイム

こんにちは。
松脇美千江です。

昨日は7つの習慣(R)実践会「相互依存のパラダイム」を開催し、

皆さんのシェアのお陰で共に深い学びができました。

昨日、皆さんから出ていたのは、

・人間関係づくりには時間がかかることを意識して忍耐強く
・忍耐だけだとしんどいので、預入れをすることに焦点をあてる
・預け入れをしているつもりが引き出しになっていることはないか
 相手を理解する
・期待を明確にする
・言葉に隠れて見えなくなっているものがある
 言葉に反応するのではなく背景を理解しようとする
・小さなことを気遣う  

などでした。

期待を明確にしないまま仕事を任せて
あとで「こんなはずではなかった」と思い、
部下との関係がギクシャクしてしまった

家族の言葉にイラっとし、
背景を深く理解しないまま
つい余計ないことを言ってしまった、
子供が喋ってくれなくなった

などは多くの人が経験していると思います。

相互依存の「公的成功」は

「関わった全員のためになる結果に達するように
効果的な人間関係を築くこと」

ですが、本当に簡単なことではありませんね。

気付いてあげられなかったり、
コミュニケーションがうまくいかないことが多々あります。

相手を責める気持ちがあるときは、
相手の背景は何だろう?と
相手を理解することに意識を向ける

自分を責めていることに気づいたら、
自分を慈しむことにも意識を向けてみましょう。

感情の安定は公的成功の鍵です。
(よければ第7の習慣 社会・情緒的側面のところをご参照ください)

自分自身に思いやりと優しさを向け、心が安定して初めて
他者に対して本当の思いやりと優しさを向けることができます。

7個の習慣がそれぞれに関係しあって
人格を高めていく「7つの習慣」。

次回は2月14日に開催します。

次は、第4の習慣「Win-Winを考える」です。

あなたと一緒に7つの習慣を深めていけることを楽しみにしています。

1年をいろんな視点で考える

2021年1月5日

あけましておめでとうございます。

あなたは今年をどんな風に過ごしたいですか?

1年間の計画の立て方

1年間の計画の立て方はいろいろありますが、
いろんな視点から考えてみると
1年が立体的になってきます。

例えば、

・大切にしたい価値観を先に考えて、
 そこから今年のやりたいことを発想していく

・年間スケジュール表にすでに決まっていること
 加えたいことを書いていく

・やりたいこと、ありたいあり方などを100個
 自由に書く

・変えたいことは何か?
 変わらずに大事にしたいことは何か?を考える

・『7つの習慣』では、人生の大切な役割別に
 今年叶えたいこと、大事にしたいあり方を考える

・仕事の売り上げ達成のため、スキルアップのために
 何ができるか列挙する

・どんな人に出会いたいか、どんな人の助けを借りたいのか
 「人」から考えていく

などです。

こうやっていろんな視点から1年間を考えていくと
イメージが広がっていきます。

上記全てをやる必要はありません。

どれか一つでも、あるいはあなた独自なやり方でも
どんなやり方でも構いません。

今年をどんな年にしたいか、
私もお正月にいろいろ考えてみました。

大事なのは、思い描くこと、第1の創造をすること

書き出せば、自然にアンテナが立って
情報も集まってきます。

1年間のイメージが描けると
自然とやる気も引き出されます。

今週末の連休も、今年を思い描くのに
いいタイミングです。

☘☘☘ 「想いを語る 未来が開く」体験コーチングのお問い合わせはこちらから ☘☘☘

デジタル時代を生きる叡智とは?

先日、Wisdom2.0に参加し、
「デジタル時代を生きる叡智、Wisdom2.0は何なのか」について、多くの登壇者から深い気づきを得ることができました。

1日目、2日目のメモの中から特に印象に残ったところ

・ただ座る(瞑想する) すぐの効果を求めず、ただ実践することに意味がある
・人と人とのつながりの中にWisdomがある
・瞑想をずっとし続けると、クリアなデフォルトの状態になる それがWisdomだ
・2つのボールのジャグリングではなく4つのボールのジャグリング(今の時代の例え)
 より高い集中力、落ち着きが必要になる
・楽しく生きることに一生懸命になる そこにWisdomがある
・自分も豊かで相手も豊か そこから智慧が湧いてくる
 愛が溢れるためには一生懸命楽しく生きること
・瞑想をしていると、「洞察」「愛」「共に生きる」が見えてくる
・自分を追い込まず幸せを感じるのはスキル=身につけられる  etc.

全体を通して、
「まず自分自身をしっかり整え、そして他者と関わり、叡智を生み出す」
ということを異口同音に言われていたような気がします。

「楽しく生きることに一生懸命になる」

この言葉には、多くの触発を受けました。

『7つの習慣』の中で、
「内面の最も奥深くにあるパラダイム(=ものの見方・考えかた)、人格、動機を見つめることから始める」インサイド・アウトの大切さが説かれていますが、

「楽しく生きることに一生懸命になる」という言葉は、

他者や組織、社会のせいにせず、
自分の内面を見つめ、楽しく生きることに一生懸命になる

という意味があるかもしれません。

言葉にすると簡単ですが、
実践となると、そう簡単ではなく、

自分の影響の輪の中でできることを一瞬、一瞬選択し、実行する
と考えると、「一生懸命」という言葉が響いてきます。

まずは、実践あるのみ

知識が入っても、実践しなければ意味がないので、
あとは、実践あるのみ。

大変革の時代に生きる私たちは今、特に感情のコントロールが鍵だと言われています。

そのためにもまずは日々の瞑想を続けようと強く心に感じた2日間でした。

ーーー

不確実な状況の中で、様々な決断を重ねて準備をされてきたWisdom2.0のチームの皆さんに心より感謝します。

ーーー

「想いを語る 未来が開く」体験コーチングのお問い合わせはこちらから

ジレンマを抱える時

前に進みたい気持ちと、踏みとどまってしまう想いがある。
迷いの原因のいくつかは見当がつくものの明確にはわからない。

そんなジレンマを抱えている時、頭であれこれ考えてても、思考がグルグルするだけで、なかなか心が晴れません。

しかし、声を出して言葉にしてみると、前にすすむきっかけが生まれます。

こんにちは、エグゼクティブコーチの松脇美千江です。

話せば洞察が生まれる

ジレンマを抱えている時、ジャッジせずによく耳を傾けてくれるコーチに、ポツリポツリと自分に正直に話をしていくと、少しずつ知りたかった自分自身が見えてきます。

まるで自分の心の内を懐中電灯で照らしていき、次第に全体が見えてくるような感覚です。

そして、突然、あ、そうか!とsudden clear understanding =洞察が起きてきます。

洞察は英語で、insightですが、英英辞典で調べてみると、こう書いてあります。

a sudden clear understanding of something or part of something, especially a complicated situation or idea

複雑な状況、複雑な考えについて(あるいはそれらの一部について)、突然クリアにわかる

このsudden clear understanding にたどり着くと、けして現状が複雑でも、不完全でも、人はなぜかほっとします。

言語化できると、自分でコントロールできるからです。

何をすればいいか見えてくる

洞察が生まれたら、あとは今やれるところから少しずつ着手していくだけです。

ジレンマや迷いで、イライラしたり自己不信感でエネルギーを下げてしまう前に、是非、話をしてみませんか。

「想いを語る 未来が開く」体験コーチングのお問い合わせはこちらから

コーチングを受ける

人はどんな時にコーチをつけようと思うのでしょうか。

・人生の転換点にいる。方向性を明確にしたい。
・自分を客観的に見つめる時間を作りたい。
・ゆっくり考える時間がなく、とにかくアウトプットして頭と心を整理したい など

「今よりいい未来を創りたい」ときに、人はコーチをつけます。

●コーチングセッションの進み方

では、コーチングセッションはどのように進むのかと言うと、

セッション自体は、クライアントの方に合わせて、しかもその時に合わせて進み方が変わります。ただ扱うのは、クライアントの「達成したいこと」と「クライアント自身」で、この2つは、どのセッションでも同じです。

●「クライアント自身を扱う」とは、

クライアントが何を想い、何を感じているかをアウトプットしてもらうことです。

私自身がクライアントとしてコーチングを受けたある日のセッションを例えとしてご紹介すると、

その日の私は、とにかく話したい想いがいろいろとありました。
  こんなことがあって、こういう気づきがあった
  その気づきはここにつながった。今、こんな風に感じている
  人生の究極の目的は・・・・と思っている

など、ひたすら話し続けました。話し続けるうちに、やっと自分がモヤモヤしていた理由、何に迷っていたかにたどり着くことができました。

●2つを扱う意味

もし、この「自分自身」についての時間がなく「達成したいこと」だけを扱っていると、何が自分のブレーキになっているのか見えてきません。自分の本当の想いに気づくこともありません。

「達成したいこと」が明確でも、ブレーキが外れなければ、行動は起きませんし、行動が起きなければ、自己肯定感までもが下がってしまいます。

コーチは、あなたの話に耳を傾け、あなたが十分に話せるように働きかけます。
自分を知り、目指す方向を明確にしていきたい時、是非、コーチをご活用ください。

*「想いを語ると未来が開く」エグゼクティブ・コーチングのお問い合わせはこちらから

テレワーク時代の雑談の仕組み

多くの組織が、テレワーク本格開始から数ヶ月が経ち、テレワークの良さや難しさを感じ始めている時期ではないかと思います。

テレワークには、一人で集中できる、通勤ストレスから解放される、という利点もありますが、孤立感を感じたり、オンライン会議の多さに疲れたり、子供がいると集中できないなど、様々な課題もあります。  

そんな中、テレワークの課題の中でも私が気になっているのは、「雑談のとりにくさ」です。

「雑談」には、話すことで得られる安堵感、関係性が深まる、相互理解が増す、仕事の際の声がけやすさが増す、などの効果があります。

日頃、雑談している人には仕事でも声をかけやすく、そうでない人には声がけにくいと感じた経験のある方は少なくないと思います。

また、雑談の少ない人は、重大なことを一人で抱え込んでしまい、どうにもならなくなってからやっと上司に相談する傾向もあるようです。

意外にも大切で、多くの効果があり生産性とリンクする、この「雑談」を積極的に取り入れ始めた例を、最近耳にするようになりました。2つの事例をご紹介します。

一つ目は、オンラインの「コーヒーブレイクルーム」を常時オープンし、そこに社員がコーヒー片手にいつでも入って雑談ができるようにしている例。

2つ目は、いきなりオンラインで仕事が始まった新人を会社になじませるための「新人と話す雑談ルーム」。お昼休み限定で、いろんな先輩が新人に声をかけるオンラインルームです。

オンラインだからこその雑談環境を、いろいろと工夫されている様子に感心しました。

テレワークの環境の中であっても、雑談をすることで、つながっている感が得られ黙っていた顔がほころぶ、仕事でのコミュニケーションが取りやすくなる、結果として生産性を上げていくことができます。

テレワーク本格始動から数ヶ月経った今、新しい環境の中で、どう雑談をしていくのか「雑談の仕組み」を考える大切な時期に来ている気がします。

*「自分の想いを語ると未来が開く」エグゼクティブ・コーチングのお問い合わせはこちらから

『7つの習慣』 今だからこそお勧めの一冊

こんにちは。エグゼクティブコーチの松脇美千江です。

先日、私が愛読書の『7つの習慣』を読んでいた時、今こそ経営者やマネージャーの方に読んでほしいと思った挿話がありました。それは、住宅改修業界210社が深刻な不況について三日間、話し合った実話です。

一日目のテーマは、「業界では今何が起こっているのか、業界が受けている刺激は何か?」、二日目のテーマは、「この先、どうなるのか?」。二日間の話し合いでは、話し合った後に全員が意気消沈してしまいます。

ところが三日目に、「どう率先力を発揮するのか?何をしていくのか?」とテーマが変わると、経営の合理化、コスト削減、マーケットシェア拡大などの実行可能なアイディアが出てきて、活気ある雰囲気が出てきます。希望が見え、主体的なムードで会合は締め括られました。

これは、第1の習慣「主体的である」の中に出てくる話です。この「主体的である」と言う言葉は、当たり前のことのように響くかもしれません。私も初めて読んだ時はそう感じてしまいました。しかし、「主体性」の本質は、高い自覚と、どんな時も自分の影響の輪の中で何ができるかを考える心の姿勢です。どれだけ自分を客観的に見れているか、自分のものの見方を自覚できているか、私は読む度に考えさせられます。

私はこの本に深く感銘し、現在、三十八回目を読んでいます。読めば読むほど、気づきと発見の連続です。この本に出会って本当に良かったと思っています。人生で一番辛かった40代の頃、なぜ最後まで読まなかったのかと何度も後悔したくらいです。

会社の経営に、打ち寄せる変化に、不安や苛立ちなどを感じておられる中、よかったら本屋さんで一度手にしてみられませんか。売上低迷、士気の低下、採用問題など様々な悩みの解決への道が、きっと見えてくるのではないかと思います。

 人生とビジネスに原則があるのなら、それを知っているのと知らないのとでは、それを実践するのとしないのとでは、幸せも成果も明らかに変わってきます。

*コーチングのお問い合わせはこちらから

*7つの習慣(R)実践会月一回開催中

目標を明確にするには

目標を決めたものの、まだ漠然とした感じがする、不明瞭感があると感じる時はありませんか。

こんにちは、エグゼクティブコーチ松脇美千江です。

こう言う状況のとき、さらにビジョンや行動目標を明確にするために効果的な問いを2つご紹介します。

1つ目の問いは、
「そのプロジェクトが大成功したとして成り切って答えてください。そのプロジェクトが大成功した要因は何ですか?」

この問いに答えていくことで、成功のために必要な要素がいろいろと出てきます。

例えば、
・定期ミーティングで必ずAとBを確認し、その場で対応策を立てた
・関係者とのコミュニケーションを密にした…など
目標達成のために重要と考えられる要素が明らかになっていきます。

2つ目の問いは、今度は真逆な状況を想定します。
「そのプロジェクトが残念ながら失敗に終わったとして成り切って答えてください。そのプロジェクトが失敗に終わった要因は何ですか?」

すると、例えば、
・相手に伝わったかどうか確認しなかった
・定期ミーティングを怠った
・最初の目標設定を不明瞭なまま進めてしまった
・緊急事項を優先していつも後回しにしてしまった …など
失敗に至る可能性のある状況を予測し、それを避ける対策を立てることができます。

実際のコーチングでは、さらにここから深めていくのですが、
クライアントはこれらの問いに答えていく中で、ゴールや行動目標が明確になり、「成功も失敗も部下にあるのではなく、自分の意識、行動、あり方にある」と言う自覚が高まっていきます。

そして、何より自分の動機が強くなります。

今、持っている目標について、今一度じっくり考える時間を持ってもいいかもしれません。
その目標を成功させ、部下の方たちと喜びを共にするために。

*成功させたいプロジェクトをお持ちの経営者、管理職の方へ
 コーチングのお問い合わせはこちらから。