ブログ – place holder

相互理解を深める2つの準備

こんにちは。エグゼクティブ・コーチの松脇美千江です。

・話し合うにはまず相手を理解しなきゃと分かっているのに、つい説教モードになる
・相手を理解する努力をしつつ、自分のことも相手に分かってもらう、って難しい
・自分を理解してもらう努力をあまりやってこなかった

このような言葉が、昨日開催した7つの習慣(R)実践会で、参加者の皆さんから聞かれました。

立場も年齢も違う相手と相互理解を深めるのは、たしかに簡単なことではありません。

相互理解 助け合う

エトス→パトス→ロゴス

3時間、皆さんと本を読んだり、ワークをしながら「第5の習慣」を深めていくうちに、ファシリテートしていた私が個人的に感じたことですが、1つの結論が得られた気がしました。

それは、相互理解を深めるには「エトス→パトス→ロゴスの順番を日頃から意識すること」です。

具体的には、
1.人格を磨く努力を毎日心がける(エトス)
2.相手の感情やニーズ(理解されたい、認められたい、必要とされたい、感謝されたいなど)を理解する(パトス)

の2つを日々行うこと。

この2つを日頃からやることで、初めて3番目のロゴス(事柄、ロジック、考え方)について話し合えるということをあらためて感じました。

「まず人格があり、次に人間関係があり、それから自分の言いたいことを表現する。(中略)
自分の考えを相手に伝えようとするとき、ほとんどの人は真っ先にロゴスに飛びつき、左脳を使っていきなり理屈で攻めようとする。エトスとパトスには見向きもせずに、自分の論理がいかに正しいかを述べ立てるのである。」  ー『7つの習慣』

左脳を使っていきなり理屈で攻めてしまった、或いは、攻められてしまった経験は多くの人があるのではないかと思います。

理屈でこられると、理屈で返してしまいますが、

これだと、気持ちを理解したり、その理屈の背景を理解しようとするところにまでは、なかなか辿りつきません。相互理解が遠いゴールになってしまいます。

日頃からやれる2つの準備

では、理屈と理屈が対立するような問題が起こる前にやれることはないのでしょうか。

やれることが2つあります。

まず1つ目は「相手を観察する」

相手を理解するために、関心を持って相手を観ていくと、今まで気づかなかかった相手の言動を発見でき、相手への理解が進みます。

相互理解を深めようという意識を持って、日頃から関心を持って観る、関心を持って聞くようにします。

2つ目は、「雑談を増やす」

良質なコミュニケーションには、まず「質」より「量」です。天気のこと、ニュースのことなど題材は何でもいいので、雑談を増やしましょう。日頃から話をしていると、いざ「仕事の重大な話」がしやすくなります。

この2つだと、そう難しいことではないのではないでしょうか。

難しいのは、意識の継続ですね。

最初から完璧にやろうとするのではなく、忘れている時があってもOKを前提にして、忘れていることに気づいたら意識する、忘れていたら意識するを繰り返していくと、次第に「観察する 雑談をする」が増えていきます。

組織の人たちの力を引き出すために、そして家庭でも愛する人たちを深く理解するために、「相互理解」の土台を作っていきましょう。

ーーー

*エグゼクティブ・コーチング 無料相談  お問い合わわせはこちらから

*7つの習慣が実践できるようになる 7つの習慣(R)実践会 お問い合わわせはこちらから

「相手の気持ちが理解できない。話し合うのは先延ばし」を解決する3つの質問

こんにちは。エグゼクティブ・コーチの松脇美千江です。

対人関係の悩みは、コーチングのテーマとしてよくお聞きする悩みの一つです。

例えば、

・相手のことが理解できない

・なぜそれをするのにあんなに時間をかけるかなあ

・いい年齢になってなぜそんなこともわからないの

・どうしてそんな言葉を言うかな 周りへの影響を考えてよ

・もっとこちらの状況を理解してほしい

などなど、いろんな不平や不満の声が聞かれます。

 

一方で、長く悩んだあと、いざ勇気を出して率直に話してみたら、

・相手と相互理解が進んだ

・自分が誤解していたことに気づいて恥ずかしくなった

など悩みが解決した事例を聞くことも少なくありません。

 

対人関係の悩みの背景

対人関係の悩みにはいろんな背景がありますが、共通しているのは日頃の「コミュニケーション量の不足」です。

目の前の仕事に追われて、気の重い相手との対話をついつい先延ばしにしてしまい、ずっと気になっているというケースが多く見られます。

話しにくいと思えば思うほど、話すことが億劫になるのは誰にでも共通しています。

 

最初の一歩を踏み出す準備

まずは話してみる、その最初の一歩を踏み出せない時、下記のことを事前に考えてみてはいかがでしょうか。

1.   その人との関係性は私にとってどれくらい大事だろう。

2.   その人と私の関係性は周りにどれくらい影響を与えているだろう。

3.   その人と向き合おうとすると出てくる感情はどんな感情だろう。

 

3.の問いかけで、イライラ、不安、焦りなど様々な感情を感じたら、相手を批判したり、自分を正当化したりせずに、それらをただじっと感じてみます。

自分の感情をただじっと受け入れ見つめることできれば、感情と一体化していた状態から、感情が扱える状態に変わり、今の状況を客観的に見れるようになります。

 

立ち止まって、向き合う準備をする

準備をすると、「緊急ではないけれど重要な」話し合いをしようという気持ちが生まれます。

そして、勇気を出して話をすると、

・相手も自分と同じように悩んでいた

・自分の考えすぎだった

・共通の目的・目標を確認し合えた

・相手の希望ではないことをさせていたことに気づいた

など解決の糸口が見えてきます。心が軽くなり、今まで思っていた以上に、その人との関係性が心を支配していたことに気づくでしょう。

 

忙しい時ほど立ち止まり、

・緊急ではないけれど重要なこと

・目指すところ

・何のために生きているか

などの根本の大切なことについて考えることが、あなたがあなたの羅針盤を取り戻すきっかけになるでしょう。

 

ーーー

*エグゼクティブ・コーチング 無料相談  お問い合わわせはこちらから

*7つの習慣が実践できるようになる 7つの習慣(R)実践会 お問い合わわせはこちらから

自分と向き合う時間を持たずに、これでいいのだろうか?と感じている時の根本の問題

こんにちは。エグゼクティブ・コーチの松脇美千江です。

こんなふうに感じる時はありませんか。

・自分と向き合う時間を持たずに、これでいいのだろうか?と感じていながら日々目の前のことに追われている

・とにかく仕事をしていないと落ち着かない   不安と焦りを感じる  体のケアができていない

・一番大事な家族とのことをあと伸ばしにしている…など

コーチングで、この「緊急ではないが重要なこと」をテーマに話したクライアントの方々は、「ずっと心に引っかかっていたものをやっと扱えた」と異口同音におっしゃることが多くあります。

 

「緊急ではないが重要なこと」を話す効果

話しをすると、本当の優先度を認識できます。

「こうあるべきで考えていて自分の本音に嘘をついていた」、「誰かの優先事項を自分の優先事項にしていた」などに気づいて、やっと本当の優先度が見えてきます。

そして、結果として、

・家族に勇気を出して声をかけ、やっと気になっていたことを話せた

・不安と焦りから自分の体のケアなんてやってる暇はないと思っていたが、体あっての人生だと思えて、休みをとった

・短時間の休息を入れることを習慣づけた

などの行動が生まれ、気持ちが落ち着いたり、安堵感が広がったり、家族との平和な会話が戻ったりします。集中力も高まってきます。

 

事例/ 疲れていたことに気づかずに仕事のことで頭がいっぱい

私自身の事例をご紹介すると、

取締役としてフルタイムで働き、子育て・家事、おまけに週末は父の様子を見に行くなどフル回転で動いていた随分前のことですが、

私の話を聞いていた私のコーチが「松脇さん、休みを取ってください」と私にリクエストしたことがあります。

私はフィードバックは受けたことはあっても、リクエストされたことは滅多にありません。

余程、今の私には休みが必要とコーチの目に映ったんだと感じた私は、1日だけ休もうとしてみました。

すると、1日どころか2週間も、背中が床に張り付いたかのようにコンコンと寝続けました。

当時の私はそれくらい疲れていたことに気づかずに仕事のことで頭がいっぱいでした。

あのまま続けていれば、交通事故を起こす、失言する、メールの誤送信をするなどいろんなマイナスなことを起していたかもしれません。

 

あなたの本当の優先順位は何でしょうか?

『7つの習慣』には、「緊急ではないが重要なこと(第二領域)」として次のような活動が書かれています。

・予防

・成果を生み出す能力を高める活動

・人間関係づくり

・新しい機会を見つけること

・準備や計画

・心身をリラックスさせること

あと伸ばしにしているなと感じたら、今がちゃんとそれらを扱ってあげるタイミング。あなたの本当の優先順位を頭と心に深く根づかせる時です。

自分の人生だけでなく、あなたの家族、共に働く人たちのためにも時間をとって考えてみませんか。

「根本的な問題は、彼らの言っている「優先順位」が頭と心に深く根づいていないことだ ースティーブン・R・コヴィー」

ーーー

*エグゼクティブ・コーチング 無料相談  お問い合わわせはこちらから

*7つの習慣が実践できるようになる 7つの習慣(R)実践会 お問い合わわせはこちらから

部下育成がうまくいかない理由と根本の考え方

こんにちは。エグゼクティブ・コーチの松脇美千江です。

部下育成がうまくいかないへ、同じような悩みを抱えていたYさんの事例を通して、何を変えれば部下が育つようになるのかについてご紹介します。

部下が失敗した時、間違った時、あなたはどうしていますか?

「私はちょっと状況が揺れたくらいで、すぐ注意してしまうんです。圧倒的に口が出る。自分でやった方が速い。でも、これでは部下は育たないですよね・・・。」

と悩んでいたYさん。

Yさんは、部下育成をテーマにコーチングを受けることにしました。(以下はYさんの許可を得て、掲載しています)

Yさんは、試行錯誤を繰り返したある日、こんな一言が言えるようになりました。

「私が質問して部下が話す、質問して部下が話すを繰り返すと、部下が考えたり、発想を広げていくのがわかるようになりました。 部下育てってこういうことかな」

Yさんの話す声には、嬉しさと安堵感が載っていました。

根気あるコミュニケーション

Yさんの変化を支えたのは、「あり方」を変えたいという想いでした。

部下を注意して速攻で問題を解決をする上司から、問題解決と部下育成を同時に行なっていく上司のあり方へ。

あるべき姿を意識したYさんは、

・部下をより観察する ・声がけを増やす など行動を変えていきましたが、

一番の変化は ・指示命令で終わっていたコミュニケーションを、根気あるコミュニケーションへ変えていったことでした。

根気よくコミュニケーションをとるのは骨が折れ、時間もかかります。

しかし、方向性や目的、長期的効果から考えると、「遅いは速い」のです。

「人との関係を効率で考えることはできない。モノは効率で考えられるが、人に対しては効果の観点から考えなければならない」ー 『7つの習慣』

他者との関係、部下育成においては「効率よりも効果」で考える

このパラダイム(ものの見方・考え方)は、今まで慣れ親しんできた「全てを効率、生産性の視点で考える」パラダイムとは大きく異なります。

新しいパラダイムへの変換はそう簡単ではありません。

Yさんは、諦めずにパラダイムを変えていきたいと、コーチングのセッションの度に、どうすれば部下が育つのかについて話されていました。

「部下育てってこういうことかな」

失敗しながらも行動してきた人からこそ言えた言葉には、重みを感じます。

部下育成について、効率と効果、どちらに軸足を置いているか、自分の根本のパラダイムから考えてみませんか。

*エグゼクティブ・コーチング 無料相談  お問い合わわせはこちらから

*7つの習慣が実践できるようになる 7つの習慣(R)実践会 お問い合わわせはこちらから

コーチングで部下育成の課題を解決したAさんの事例

こんにちは。
エグゼクティブコーチの松脇美千江です。

今日は部下育成について悩んでいたAさんの事例をAさんの許可をいただいてご紹介します。

「中核になって周りを巻き込んでいって欲しいのに人の意見を聞きすぎて周りをヤキモキさせる部下。いい歳なんだから、自分で考えてよ」

とAさんは部下について悩んでいました。

Aさんはその後、あることに気づき、自分の部下への言動を変えることで、この部下の変化に周りが気付くほど部下の成長を促しました。

Aさんは何に気づき、どう部下へのアプローチを変えたのでしょうか?

Aさんの気づき

Aさんが気づいたのは次の3点です。

1. 人により仕事を与えたときの受け止め方が違う

(目指す成果が理解できれば走り出せる人もいれば、明確で詳細な情報がないと安心して行動できない人がいる)

2. 人によりモチベーションのスイッチが違う

3. 自分の特性、相手の特性を理解して、自分のアプローチを変える

Aさんが上記の気づきを得たのには、世界で毎年100万人の人々が活用している信頼性の高いDiSC®マネジメントというツールがありました。

ーーーー
<事例> 部下育成の課題をDiSC®マネジメントで発見
                    50代  支店長

「私は以前、ある部下について悩んでいました。
その時、コーチからの勧めもあり、DiSC®マネジメントを受けてみました。

アセスメントの結果、私は成果に向かって突き進む推進力はあるものの、明確で詳細な説明を必要とするスタイルの部下へフォローが足りていないかもしれないと気づきました。

その後、部下と1対1の話を重ね、仕事への懸念にも耳を傾けながら進めるようにしたところ、

人の意見を聞きすぎていた部下が、自分の意見をポジティブな言葉で伝えられるようになり、その変化は周囲が認めるほどになりました」

ーーーー

Aさんの悩みは、DiSC®マネジメントを活用したコーチングにより、

なぜうまくいかないのか?と漠然と全体的に悩んでいた状態から、

自分と相手の特性、強み、動機などを具体的に考え、戦略を持った部下育成へ、成功体験へと変化していきました。

部下の方もご自身の成長を喜んでおられる様子です。

DiSC®は関係性をより良くすることで生産性を上げるためのツールです。

これまでどうしても理解できなかった人を理解する助けとなり、部下をより効果的に育成する手掛かりになります。

*DiSC®マネジメントを活用したコーチングにご興味がある方はこちらからお問い合わせください。

*エグゼクティブ・コーチング 無料相談  お問い合わわせはこちらから

相互依存のパラダイム

こんにちは。
松脇美千江です。

昨日は7つの習慣(R)実践会「相互依存のパラダイム」を開催し、

皆さんのシェアのお陰で共に深い学びができました。

昨日、皆さんから出ていたのは、

・人間関係づくりには時間がかかることを意識して忍耐強く
・忍耐だけだとしんどいので、預入れをすることに焦点をあてる
・預け入れをしているつもりが引き出しになっていることはないか
 相手を理解する
・期待を明確にする
・言葉に隠れて見えなくなっているものがある
 言葉に反応するのではなく背景を理解しようとする
・小さなことを気遣う  

などでした。

期待を明確にしないまま仕事を任せて
あとで「こんなはずではなかった」と思い、
部下との関係がギクシャクしてしまった

家族の言葉にイラっとし、
背景を深く理解しないまま
つい余計ないことを言ってしまった、
子供が喋ってくれなくなった

などは多くの人が経験していると思います。

相互依存の「公的成功」は

「関わった全員のためになる結果に達するように
効果的な人間関係を築くこと」

ですが、本当に簡単なことではありませんね。

気付いてあげられなかったり、
コミュニケーションがうまくいかないことが多々あります。

相手を責める気持ちがあるときは、
相手の背景は何だろう?と
相手を理解することに意識を向ける

自分を責めていることに気づいたら、
自分を慈しむことにも意識を向けてみましょう。

感情の安定は公的成功の鍵です。
(よければ第7の習慣 社会・情緒的側面のところをご参照ください)

自分自身に思いやりと優しさを向け、心が安定して初めて
他者に対して本当の思いやりと優しさを向けることができます。

7個の習慣がそれぞれに関係しあって
人格を高めていく「7つの習慣」。

次回は2月14日に開催します。

次は、第4の習慣「Win-Winを考える」です。

あなたと一緒に7つの習慣を深めていけることを楽しみにしています。

1年をいろんな視点で考える

2021年1月5日

あけましておめでとうございます。

あなたは今年をどんな風に過ごしたいですか?

1年間の計画の立て方

1年間の計画の立て方はいろいろありますが、
いろんな視点から考えてみると
1年が立体的になってきます。

例えば、

・大切にしたい価値観を先に考えて、
 そこから今年のやりたいことを発想していく

・年間スケジュール表にすでに決まっていること
 加えたいことを書いていく

・やりたいこと、ありたいあり方などを100個
 自由に書く

・変えたいことは何か?
 変わらずに大事にしたいことは何か?を考える

・『7つの習慣』では、人生の大切な役割別に
 今年叶えたいこと、大事にしたいあり方を考える

・仕事の売り上げ達成のため、スキルアップのために
 何ができるか列挙する

・どんな人に出会いたいか、どんな人の助けを借りたいのか
 「人」から考えていく

などです。

こうやっていろんな視点から1年間を考えていくと
イメージが広がっていきます。

上記全てをやる必要はありません。

どれか一つでも、あるいはあなた独自なやり方でも
どんなやり方でも構いません。

今年をどんな年にしたいか、
私もお正月にいろいろ考えてみました。

大事なのは、思い描くこと、第1の創造をすること

書き出せば、自然にアンテナが立って
情報も集まってきます。

1年間のイメージが描けると
自然とやる気も引き出されます。

今週末の連休も、今年を思い描くのに
いいタイミングです。

☘☘☘ 「想いを語る 未来が開く」体験コーチングのお問い合わせはこちらから ☘☘☘

デジタル時代を生きる叡智とは?

先日、Wisdom2.0に参加し、
「デジタル時代を生きる叡智、Wisdom2.0は何なのか」について、多くの登壇者から深い気づきを得ることができました。

1日目、2日目のメモの中から特に印象に残ったところ

・ただ座る(瞑想する) すぐの効果を求めず、ただ実践することに意味がある
・人と人とのつながりの中にWisdomがある
・瞑想をずっとし続けると、クリアなデフォルトの状態になる それがWisdomだ
・2つのボールのジャグリングではなく4つのボールのジャグリング(今の時代の例え)
 より高い集中力、落ち着きが必要になる
・楽しく生きることに一生懸命になる そこにWisdomがある
・自分も豊かで相手も豊か そこから智慧が湧いてくる
 愛が溢れるためには一生懸命楽しく生きること
・瞑想をしていると、「洞察」「愛」「共に生きる」が見えてくる
・自分を追い込まず幸せを感じるのはスキル=身につけられる  etc.

全体を通して、
「まず自分自身をしっかり整え、そして他者と関わり、叡智を生み出す」
ということを異口同音に言われていたような気がします。

「楽しく生きることに一生懸命になる」

この言葉には、多くの触発を受けました。

『7つの習慣』の中で、
「内面の最も奥深くにあるパラダイム(=ものの見方・考えかた)、人格、動機を見つめることから始める」インサイド・アウトの大切さが説かれていますが、

「楽しく生きることに一生懸命になる」という言葉は、

他者や組織、社会のせいにせず、
自分の内面を見つめ、楽しく生きることに一生懸命になる

という意味があるかもしれません。

言葉にすると簡単ですが、
実践となると、そう簡単ではなく、

自分の影響の輪の中でできることを一瞬、一瞬選択し、実行する
と考えると、「一生懸命」という言葉が響いてきます。

まずは、実践あるのみ

知識が入っても、実践しなければ意味がないので、
あとは、実践あるのみ。

大変革の時代に生きる私たちは今、特に感情のコントロールが鍵だと言われています。

そのためにもまずは日々の瞑想を続けようと強く心に感じた2日間でした。

ーーー

不確実な状況の中で、様々な決断を重ねて準備をされてきたWisdom2.0のチームの皆さんに心より感謝します。

ーーー

「想いを語る 未来が開く」体験コーチングのお問い合わせはこちらから

ジレンマを抱える時

前に進みたい気持ちと、踏みとどまってしまう想いがある。
迷いの原因のいくつかは見当がつくものの明確にはわからない。

そんなジレンマを抱えている時、頭であれこれ考えてても、思考がグルグルするだけで、なかなか心が晴れません。

しかし、声を出して言葉にしてみると、前にすすむきっかけが生まれます。

こんにちは、エグゼクティブコーチの松脇美千江です。

話せば洞察が生まれる

ジレンマを抱えている時、ジャッジせずによく耳を傾けてくれるコーチに、ポツリポツリと自分に正直に話をしていくと、少しずつ知りたかった自分自身が見えてきます。

まるで自分の心の内を懐中電灯で照らしていき、次第に全体が見えてくるような感覚です。

そして、突然、あ、そうか!とsudden clear understanding =洞察が起きてきます。

洞察は英語で、insightですが、英英辞典で調べてみると、こう書いてあります。

a sudden clear understanding of something or part of something, especially a complicated situation or idea

複雑な状況、複雑な考えについて(あるいはそれらの一部について)、突然クリアにわかる

このsudden clear understanding にたどり着くと、けして現状が複雑でも、不完全でも、人はなぜかほっとします。

言語化できると、自分でコントロールできるからです。

何をすればいいか見えてくる

洞察が生まれたら、あとは今やれるところから少しずつ着手していくだけです。

ジレンマや迷いで、イライラしたり自己不信感でエネルギーを下げてしまう前に、是非、話をしてみませんか。

「想いを語る 未来が開く」体験コーチングのお問い合わせはこちらから

コーチングを受ける

人はどんな時にコーチをつけようと思うのでしょうか。

・人生の転換点にいる。方向性を明確にしたい。
・自分を客観的に見つめる時間を作りたい。
・ゆっくり考える時間がなく、とにかくアウトプットして頭と心を整理したい など

「今よりいい未来を創りたい」ときに、人はコーチをつけます。

●コーチングセッションの進み方

では、コーチングセッションはどのように進むのかと言うと、

セッション自体は、クライアントの方に合わせて、しかもその時に合わせて進み方が変わります。ただ扱うのは、クライアントの「達成したいこと」と「クライアント自身」で、この2つは、どのセッションでも同じです。

●「クライアント自身を扱う」とは、

クライアントが何を想い、何を感じているかをアウトプットしてもらうことです。

私自身がクライアントとしてコーチングを受けたある日のセッションを例えとしてご紹介すると、

その日の私は、とにかく話したい想いがいろいろとありました。
  こんなことがあって、こういう気づきがあった
  その気づきはここにつながった。今、こんな風に感じている
  人生の究極の目的は・・・・と思っている

など、ひたすら話し続けました。話し続けるうちに、やっと自分がモヤモヤしていた理由、何に迷っていたかにたどり着くことができました。

●2つを扱う意味

もし、この「自分自身」についての時間がなく「達成したいこと」だけを扱っていると、何が自分のブレーキになっているのか見えてきません。自分の本当の想いに気づくこともありません。

「達成したいこと」が明確でも、ブレーキが外れなければ、行動は起きませんし、行動が起きなければ、自己肯定感までもが下がってしまいます。

コーチは、あなたの話に耳を傾け、あなたが十分に話せるように働きかけます。
自分を知り、目指す方向を明確にしていきたい時、是非、コーチをご活用ください。

*「想いを語ると未来が開く」エグゼクティブ・コーチングのお問い合わせはこちらから