1年をいろんな視点で考える

2021年1月5日

あけましておめでとうございます。

あなたは今年をどんな風に過ごしたいですか?

1年間の計画の立て方

1年間の計画の立て方はいろいろありますが、
いろんな視点から考えてみると
1年が立体的になってきます。

例えば、

・大切にしたい価値観を先に考えて、
 そこから今年のやりたいことを発想していく

・年間スケジュール表にすでに決まっていること
 加えたいことを書いていく

・やりたいこと、ありたいあり方などを100個
 自由に書く

・変えたいことは何か?
 変わらずに大事にしたいことは何か?を考える

・『7つの習慣』では、人生の大切な役割別に
 今年叶えたいこと、大事にしたいあり方を考える

・仕事の売り上げ達成のため、スキルアップのために
 何ができるか列挙する

・どんな人に出会いたいか、どんな人の助けを借りたいのか
 「人」から考えていく

などです。

こうやっていろんな視点から1年間を考えていくと
イメージが広がっていきます。

上記全てをやる必要はありません。

どれか一つでも、あるいはあなた独自なやり方でも
どんなやり方でも構いません。

今年をどんな年にしたいか、
私もお正月にいろいろ考えてみました。

大事なのは、思い描くこと、第1の創造をすること

書き出せば、自然にアンテナが立って
情報も集まってきます。

1年間のイメージが描けると
自然とやる気も引き出されます。

今週末の連休も、今年を思い描くのに
いいタイミングです。

☘☘☘ 「想いを語る 未来が開く」体験コーチングのお問い合わせはこちらから ☘☘☘