悩みが続く時、どうしたら答えが見えてくる?何が必要?

「すぐに答えを出したいのになかなか出てこない。焦りや不安を感じる」

このような経験は多くの方にあるのではないでしょうか。

コーチングのテーマでも、同じテーマが何度か続くことがあります。

一度答えが出て、行動してみる。けれど、うまく行かず、また同じことで悩む。

このような状態がしばらく続く状態です。

迷い ジレンマ 自分を知る ミッション

では、この状態が悪いのかというと、そうではありません。

答えが出ずに試行錯誤しているクライアントの方は、紆余曲折を経て、やがて本質的な答えを見つけ出していきます。

ここに辿り着けたら、吹っ切れて気構えが違ってきます。

How toを探しているうちは迷いが続きますが、本当に目指す先が見えると、そこを目指して淡々と進み始め、手応えを感じ始めます。

そのようなクライアントの話をコーチとして何度も伺ってきました。

 

大事なのは「何のために」

あなたの悩みの先にある、あなたの究極の目指すものは、何でしょうか?

考えに考えて辿り着くのは、会社のミッション、あるいは、その方のその仕事をする上でのミッションだった、ということがよくあります。

そこに至れば、

  • このミッションのために、この決断をする
  • このミッションのために今は我慢する

など自分の判断が揺るがなくなっていきます。

何のためにこの仕事をしているんだろう?

すぐに答えは出なくても、時間をかけてでも見つけていく

悩んでいるときに大事なのはそういう決意かもしれません。

*パーソナル・コーチングの体験コーチングお申し込み・お問い合わせはこちらから
エグゼクティブ・コーチング 無料相談・お問い合わせはこちらから
*7つの習慣が実践できるようになる!  7つの習慣(R)実践会のお申し込み・お問い合わせはこちらから