「相手の気持ちが理解できない。話し合うのは先延ばし」を解決する3つの質問

こんにちは。エグゼクティブ・コーチの松脇美千江です。

対人関係の悩みは、コーチングのテーマとしてよくお聞きする悩みの一つです。

例えば、

・相手のことが理解できない

・なぜそれをするのにあんなに時間をかけるかなあ

・いい年齢になってなぜそんなこともわからないの

・どうしてそんな言葉を言うかな 周りへの影響を考えてよ

・もっとこちらの状況を理解してほしい

などなど、いろんな不平や不満の声が聞かれます。

 

一方で、長く悩んだあと、いざ勇気を出して率直に話してみたら、

・相手と相互理解が進んだ

・自分が誤解していたことに気づいて恥ずかしくなった

など悩みが解決した事例を聞くことも少なくありません。

 

対人関係の悩みの背景

対人関係の悩みにはいろんな背景がありますが、共通しているのは日頃の「コミュニケーション量の不足」です。

目の前の仕事に追われて、気の重い相手との対話をついつい先延ばしにしてしまい、ずっと気になっているというケースが多く見られます。

話しにくいと思えば思うほど、話すことが億劫になるのは誰にでも共通しています。

 

最初の一歩を踏み出す準備

まずは話してみる、その最初の一歩を踏み出せない時、下記のことを事前に考えてみてはいかがでしょうか。

1.   その人との関係性は私にとってどれくらい大事だろう。

2.   その人と私の関係性は周りにどれくらい影響を与えているだろう。

3.   その人と向き合おうとすると出てくる感情はどんな感情だろう。

 

3.の問いかけで、イライラ、不安、焦りなど様々な感情を感じたら、相手を批判したり、自分を正当化したりせずに、それらをただじっと感じてみます。

自分の感情をただじっと受け入れ見つめることできれば、感情と一体化していた状態から、感情が扱える状態に変わり、今の状況を客観的に見れるようになります。

 

立ち止まって、向き合う準備をする

準備をすると、「緊急ではないけれど重要な」話し合いをしようという気持ちが生まれます。

そして、勇気を出して話をすると、

・相手も自分と同じように悩んでいた

・自分の考えすぎだった

・共通の目的・目標を確認し合えた

・相手の希望ではないことをさせていたことに気づいた

など解決の糸口が見えてきます。心が軽くなり、今まで思っていた以上に、その人との関係性が心を支配していたことに気づくでしょう。

 

忙しい時ほど立ち止まり、

・緊急ではないけれど重要なこと

・目指すところ

・何のために生きているか

などの根本の大切なことについて考えることが、あなたがあなたの羅針盤を取り戻すきっかけになるでしょう。

 

ーーー

*エグゼクティブ・コーチング 無料相談  お問い合わわせはこちらから

*7つの習慣が実践できるようになる 7つの習慣(R)実践会 お問い合わわせはこちらから

*パーソナル・コーチングの体験コーチングお申し込み・お問い合わせはこちらから
エグゼクティブ・コーチング 無料相談・お問い合わせはこちらから
*7つの習慣が実践できるようになる!  7つの習慣(R)実践会のお申し込み・お問い合わせはこちらから